ファスティングの準備食で食べた方がいいもの

投稿日: カテゴリー: 食のこと

内から外から本当のキレイ 心とカラダのデトックス
ハーモニー南條です

芸能人もミネラルファスティングされる方が多くなって
さらにTVなどでも紹介されることもあってか
ファスティングもとっても身近な言葉になってきているようです。

ファスティングとは断食のことですが、
「準備食」「断食期」「回復食」という3つの段階を踏みます。

ミネラルファスティングでは、「断食期」も水だけしかとらない断食とは違い、
代謝やデトックスがきちんとなされるためにも必要なミネラルや乳酸菌などを含む
ドリンクを飲んで過ごします。ここがとっても大切なポイント。
酵素ドリンクを言われるドリンクは、検索すればたっくさんでてきます。
ここで本物のドリンクをとらねばファスティングは単なる下手なダイエットで
リバウンドすることにもなりかねません。
特に断食期を5日以上とるミネラルファスティングを
デトックスや体質改善を求めてらっしゃる方におススメしています。

そしてそれには「断食期」だけでなく「準備食」がとっても大切になってきます。
「準備食」は普段の食が乱れいる方は長めにとった方が絶対にいいです。
というのも「断食期」が、本当に楽に過ごせるのです。
よく好転反応などといって断食期に頭痛などの不調が出るという方の声を
聞いたことがあるかもしれませんが、そういう不調も「準備食」をしっかりしていると
出にくくなります。

「断食期」には肝臓はフル回転で働きますから、
「準備食」では、肝臓をサポートしてくれる食事を心がけるのはいいですね。

【肝臓に良い食品】イオウやグルタチオンを含む食材を摂るのがおススメ。
たとえば、にんにく、しょうが、ミント、ニラ、ねぎ、春菊、三つ葉、梅干し
小松菜、カリフラワー、ピーマン、アスパラガス、ブロッコリー、ほうれん草など

【マグネシウムが多い食材】もいいですね。
切り干し大根、玄米、雑穀、梅干し、海苔、わかめ、ひじき、もずく、めかぶ、ゴマ、豆腐、
味噌、ごぼう、オクラ、クコの実、ナッツ、アボカド、バナナ、デーツ、アマランサスなど

ファスティングしようと思ったときに、普段どんな食事内容かしばらく
食べたものをノートにつけていくと
自分でも無意識にとっていたものなども洗い出せるのでおススメ。

そして「準備食」ではカラダの声を聴いていくステップとして
リラックスして感謝して、しっかり噛んで丁寧にご飯を食べるといいですね。

きちんと一緒に伴走してくれるファスティング指導を受けながら
ファスティングをされることが絶対安全で楽にそして効果的にできますよ。

ファスティングにご興味のある方はぜひお問い合わせください。
もともとの食生活、体質、生活のリズム、習慣は人によって異なります。
ご相談しながら、最適なパーソナルファスティングをご提案いたします。

ハーモニーのファスティングプログラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です